ノリモト、映画レビューするってよ

おバカな映画レビューサイトです。そこまで詳しいというわけではないので、どうかお手柔らかにお願いしますm(_ _)m

ドラマ実況中継『明日の約束』 第4話 ネタバレ 感想 レビュー


 今期はドラマも注目作が目白押し!

 ということで、今回からドラマについてのレビューもしていきたいと思います!!!


 全く計画していなかったからこのタイミングからのレビューという需要あるのか的なところはお許しくださいm(_ _)m


🎉🎉🎉第一弾は『明日の約束』。火曜9時からフジテレビ系で放送しています。🎉🎉🎉








 ざっくりとこのドラマのあらすじについてまとめると、


①主人公は高校のカウンセラー日向。日向の学校で、不登校生徒だった圭吾が謎を数多く残して自殺してしまう。
②圭吾の母は「毒母」と呼ばれるような、異常なほどの執着と束縛を子供に強いる母親だった。
③日向の母親もまた「毒母」と呼ばれる存在であり、大人になった現在も日向を苦しめ続けていた。


 こんなところでしょうか。ざっくりすぎてなんとも言えないっすねすみません🙇
 この他にも、日向の恋人本庄、事件を嗅ぎ回るマスコミ小嶋、圭吾の幼馴染でいじめを受けた過去を持つ白井といった面々がストーリーに顔を出しています。


 相関図に関してはこちらを参照してください⬇︎





第四話までのあらすじ


 登校が続いていた1年生の圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げ、息子を溺愛する母の真紀子(仲間由紀恵)は学校でのトラブルが原因だと主張。それにより、マスコミや世間は圭吾の死をイジメによる自殺だと一方的に決めつけ、学校を糾弾する。スクールカウンセラーの日向(井上真央)は、そんな悪意に満ちた連日の報道に恐怖を覚え、恋人の本庄(工藤阿須加)に救いを求める。


 しかし、ひょんなことから本庄が隠れて母の尚子(手塚理美)と会ったことを知ってしまい、ついに「あの人は最低の母親だから、もう会ってほしくない」と本音を吐露。幼い頃から母の言葉に支配され、尚子に縛られ生きてきたことを打ち明ける。するとそこへ、圭吾が所属していたバスケ部の顧問・辻(神尾佑)が、夜道で何者かに襲われたと霧島(及川光博)から連絡が入る。


 辻は過去に生徒に体罰を与えたことがあり、その影響で圭吾の一件も部内の暴力が原因ではないかと疑われ、その責任をとって辞表を提出したばかりだった。はたして通り魔の仕業なのか、それとも何者かによる、体罰への報復なのか――謎が深まるなか、今度は“バスケ部キャプテンの校内暴力”と題した大翔(金子大地)の動画が流出して……。


 そんななか、日向は尚子から、本庄と勝手に会ったことを謝罪される。2人のことが心配だったと必死で弁解する尚子だったが、日向は表情ひとつ変えない。すると突然、尚子は感情をむき出しにして怒り出し、心ない言葉で日向を責め立てる。その頃、一向に謝罪する様子を見せない学校側に業を煮やした真紀子は、「鎌倉からイジメを根絶する会」に相談を持ちかけるなど、大きく動き出す――。

                    (公式ホームページより)



 



それでは第4話感想行って見ましょう!!!!

1.「毒母」について

 このドラマ、二人の毒母が出て来るんですよね。


 一人は事件の当事者として登場する、自殺した高校生の母親の真紀子。仲間由紀恵さんが演じています。


 もう一人は、主人公の母親。こちらは手塚理美さんという方が演じています。



 この二人、同じような立ち位置で描かれつつも、深層にあるものはちょっと違うような気がします。


 まずは仲間由紀恵さん演じる真紀子。息子が自殺を受けたことで学校に執拗に責任追及してきます。何が「毒」なのかといえば、まずはその徹底した子供の管理。息子の部屋に盗聴器を仕掛けて部屋で何があったのかを完全に把握しようとしている。
 息子の部屋だけではありません。人物紹介にもある通り、その一挙手一投足に目を光らせる徹底さ。恐怖です💦
 その母親の影響なのか、自殺した吉岡くんの表情にはどこか影があるような気がします。


 一方で主人公の母親である藍沢尚子は、真紀子と同様に、娘を徹底管理しようとしますが、その方向性が真紀子とは少し違うような気がします。というのも、真紀子は息子への偏愛であるのに対して、尚子は娘を攻撃の対象としている、というところ。娘の日向
を傷つけるために束縛しているというか。


 日向の子供の頃のパートはいつも悲惨ですね、、、おしゃれも交友関係も男女関係も何もかもコントロールされた挙句、「あなたは誰にも好かれていない」みたいなこと言われるって。よくこれまで生きてこれたな、と思いますマジで。


 まあでも真紀子の「愛」というのも、息子への愛なのか、それとも何もかも自分でコントロールしたいという「所有物」への愛なのか。後者だとしたら、それはきっと自分への愛にもなると思います。


 こういうところも同じようで違うところのような気がします。


 ただ、これまでこの二人の毒母の絡みはなく(まあ流れ的に当然)、全く別のパートとして流れているところがちょっと見ていて話がこんがらがるというか。学校の話と個人的な話がうまく呼応できていないような気がしてしまいます。


 今後、この二人がどのように話を進めていくのか楽しみいでもあり、ちょっと不安でもあり。


 あとちょっとだけ気になったのは、いじめを根絶する会の代表者がこんなに口を出すものなのかというところ。これではいじめを根絶する会が悪者になってしまいそう。


2.ドラマの方向性が見えない、、、

 はい。というわけで。第4話までの個人的まとめしてみようと思います。


 率直に。方向性が見えない。


 一話丸ごと見た人は最後にきっと感じたことがあるだろう違和感。そう、主題歌が全くあってないんですこのドラマ!!!


 なんだたかが主題歌じゃん、と思うかもしれませんがそうではなくて。主題歌ってつまりドラマ全体のイメージだと思うんですが、それが内容と合っていないって結構重大な問題ではないでしょうかね。


 その主題歌なんですが、東方神起の「Reboot」という曲なんですけど、アッップテンポでかっこよくてキレッキレなんですわ。多分なんですけど、このドラマの最後に「次回はどうなるんだ!?深まる謎に期待が止められないぜ!!」的な興奮を感じてもらおうと思っているような。

Reboot(DVD付)(スマプラ対応)(初回生産限定盤)
Reboot(DVD付)(スマプラ対応)(初回生産限定盤)
avex trax
2017-12-20
ミュージック


 でもこのドラマそんな内容なのか!?


 僕にはもっと、教育とか親子関係とかを深く切り込むヒューマンドラマとして見ていたと思うんです。実際そういう面がドラマの中心になっているはずだし。謎は確かに点在するけど、別に大した謎解きがあるわけでもないし。割とあっさりと真相がわかっちゃいますよね第四話も。


 だとしたらそこまでその面を強調する必要ってそこまであるかな?と思っちゃうんですよね〜。
 第三話のラストで先生が教われっちゃったりとか、今回の最後にも自殺した生徒がバスケ部のキャプテンを脅迫していた、とか。そういうところよりももっと掘り下げるべき内面があるだろう、と。


 じゃあ生徒とか親とかの内面にそこまで踏み込んでいますか?と言われると、そうとも思えないんですよね。
 毒母のところでも言ったように、そこまで母親との関係に踏み込んでいるとも思えないし、そもそも仲間由紀恵そこまで出てこないし、、、もったいない、、、


 もっと俳優さんを立てて、演技合戦的な方向へ進むかと思っていたこの作品ですが、どうやらそういうわけではなくて、自殺の真相を探るミステリーとヒューマンドラマの間をとった感じになっていくのでしょうか?


 

3.役者陣について

 最後に。役者陣について。


 久しぶりに復帰?した井上真央さんはやはりさすがというか。生徒の立場になって話を聞くカウンセラーという公の姿と、毒母に縛られてきた人生を抱える私の姿を演じわけているな〜というような感想です。生徒に対して見せる表情が、優しいようなでもどこかに悲しみが混じっているようで、すごいなと思ってしまいました。




 それから仲間由紀恵さん。毒母にはまだ若いかな?という印象なんですが、それでも真っ白な家にふさわしい、喜怒哀楽を感じさせない表情が怖いなと思います。もっと出番増やして欲しいな。


 それから井上真央さんの仕事仲間の及川光博さん。先生に見えないんだよな〜。どうしても企業人の顔にしか見えない、、、こんな肌が白くてスンとした先生とかいないもんな〜でも演技が下手なわけではないとは思う。でも人間の匂いがしないんですよね。綺麗すぎて。




 あとは若手先生を演じている白洲迅と新川優愛。若手ビジュアル担当でしょう。でもやはり井上真央と及川光博と仲間由紀恵の中ではちょっと浮いちゃいますかね。そもそもこんなピチピチした先生なかなかいないし、、、あと新川優愛より井上真央の方が美人先生枠になっていてこれはん?って思っちゃった笑。俺だったら新川優愛に担任して欲しいな。




 最後に学生を演じてい役者さんについて。個人的にはそこまで下手だとかそういうところは思わないんですがなんとなく全員一緒に見えちゃう感じは否めないかと。よく母親が「最近の曲は全部一緒に聞こえる」みたいなこと言うじゃないですか、その気持ちがわあ買ったような気がしますw俺も歳をとったと言うことなのかwww


最後に 

 なんども言ってしまったように方向性の見えないこのドラマですが、これからも見続けようと思います。やっぱり途中まで見ちゃったからには最終回まで見ないと。
 注目ポイントとしては、日向と真紀子との直接対決とでもいいましょうか、この母に人生を潰されてきた娘と溺愛する母の立場という二人が、カウンセラー(学校サイド)と被害者の母(保護者サイド)という土台でどのように戦い、どのような”解決”を図っていくのか。まだこの二人の密な絡みが見えないので。個人的にはそれぞれの内面をえぐるような言い合いを期待していますw

 今期最注目というわけではないのですが、まあ追っかけて見ます!ということで最後までお付き合いください!


















 ちなみに他のドラマも実況する予定です!お楽しみに。